「自分力」〜小林りん(国連児童基金・在フィリピン事務所)

井の中の蛙、旅に出る
留学前の私ときたら、とんでもないクセ者だった、と本当にそう思う。学生運動中にバリケードの後ろで恋に落ちたという両親の血をそのまま受け継いで、多弁で、野心家で、既存の体制というものにいつも疑念を抱いていた。生徒会の役員をやりながら、クラスの皆を率いて授業をボイコットしたりする問題児だった。たいした実力もないくせに運だけはよかったから、中学も高校も入試では苦労することがなかったが、そこで調子にのってしまったのがまずかった。勉強などほとんどせず部活や遊びに没頭しているうちに、面白いくらい成績が下がっていった。「暗記だけの勉強なんてすぐに挽回できる。それよりも大切なのは今の評価制度では測れない『自分力(じぶんりょく)』を伸ばすことだ。」半ば現実逃避とも言える結論を見出して留学を決めたのは、高校1年の終わりだった。
Read more

卒業生からの寄稿集

ここは、UWCを修了した社会人や学生の卒業生が、今どんな分野で、何を考えながら生きているかを綴っていくコーナーです。このウェブサイト開設以前に寄せられていた、社会人を中心とした卒業生の体験記は、以下の日本経団連のホームページからご覧になれます。

『翔べ!世界へ』−UWC奨学生体験記
(出所: 日本経団連発行『経済Trend』)