ISAKのUWC加盟記念式典が開催されました

 

学校法人ユナイテッド・ワールド・カレッジ ISAKジャパン (以下UWC ISAK JAPAN)では、9 月 23 日、軽井沢のキャンパスにおいてUWCへの加盟記念式典が開催されました。 創立から 50 年以上の歴史を誇り、155ヶ国で選抜された高校生を世界中の加盟校に派遣するグローバルな民間教育機関であるUWC は、昨年 10 月にISAKを 17 校目の UWC 校として認可しました。この加盟を祝して執り行われた式典および晩餐会には、阿部守一長野県知事、藤巻進軽井沢町長、ならびに UWC 国際理事会/各国代表、 ユナイテッド・ワールド・カレッジ ISAK ジャパン理事会、ドナー䛾皆様など総勢約 400 名の方が列席しました。式典では、現 UWC 会長ヌール・ヨルダン王妃からのご祝辞(ライヤ王女による代読)、UWC 国際本部長ジェンス・ウォルターマン氏と当校教員、生徒たちによるパネルディスカッションなどが行われました。また、式典中には、UWC のドナーであり、米国における国際教育の代表的な支援者であるシェルビー・デイビス氏 が、当校に対して 100 万米ドル(約1億1千万円)の奨学金資金の寄付を行うことを表明しました。

UWC 日本協会は日本人または日本に永住権をもつ外国人等が海外のUWC加盟校で学ぶことを支援することを目的としていることから、当面は、UWC日本協会からUWC ISAK JAPANへ派遣することはございません。UWC ISAK JAPANに入学を希望する方は、原則として 10 年生(高校 1 年生)から直接応募してください。(UWC ISAK JAPANへの入学に関するお問い合わせは、直接UWC ISAK JAPANへお問い合わせください。)

 

UWC ISAK JAPANのUWCへの加盟記念式典に関する詳細な情報及びUWC ISAK JAPANの問い合わせ先は、

以下のURLをご参照ください。

https://cdn.uwcisak.jp/wp-content/uploads/2017/09/NEWSRELEASE_UWC-ISAK-JAPAN_20170922.pdf