UWCへ留学する

UWC各カレッジへの日本からの留学生派遣は、一括して日本経団連が運営する公益社団法人ユナイテッド・ワールド・カレッジ日本協会(通称、UWC日本協会)を通して行われます。1972年以来、毎年十数名の日本人留学生が同協会を通じて選抜・派遣されてきました。留学生には、授業料、寮費の5割から7割程度(派遣先カレッジによって異なります)が奨学金として支給されます。この奨学金は返還の必要はなく、また卒業後の進路に対しても何ら拘束力を持ちません。

以下では、UWCへ入学するまでの手順の概略を紹介しています。選考会の詳細や派遣先カレッジ毎の募集人数など最新情報は、日本における運営主体であるUWC日本協会ホームページをご参照ください。

選考試験の時期
毎年4月上旬

選考方法
第1次試験: 英語、国語、数学の3科目の筆記試験
第2次試験: 日本語面接、英語面接、グループディスカッション (日本語)

募集要項の請求・応募
募集要項および応募書類一式は、郵送での取り寄せ、もしくはUWC日本協会ホームページからのダウンロードが可能です。郵送を希望される場合は、お名前・ご住所・UWC募集要項ご希望の旨をお書き添えいただき、返信用切手(140円分)を同封のうえ、下記のあて先までご請求ください。

公益社団法人 ユナイテッド・ワールド・カレッジ日本協会

〒100-8188 東京都千代田区大手町1-3-2
経団連社会広報本部内(担当:金子様/長谷川様)

電子メール uwc@keidanren.or.jp
電話 03-6741-0163(代)/FAX 03-6741-0351

派遣期間
選考が行われた年の8月上旬〜9月上旬から約2年間